FC2ブログ

ガジェット速報

ガジェット系ITブログ目指してます。


PREV | PAGE-SELECT | NEXT

Twitterでつぶやくはてなブックマークに追加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

Twitterでつぶやくはてなブックマークに追加

Android AUを安く普通に最低維持費で使いたい人が注意することまとめ。




AndroidAUつまりauのスマートフォンを外でも使いたい!そして安く!という人向けの記事。

まぁ、外で使うなら月4000~5000円程度払わなくちゃいけないんですが、、、

それでもちょっと注意すればちょっと安くなるのでそこらへん書く。


この記事は最新じゃないです。最新記事はこちら。

AUスマートフォンを最低料金で使うと維持費はどうなるか。10月版 #IS04FV #IS11S ガジェット速報




テンプレ:

以下の情報にはミスが含まれている可能性があります

いかなる損害も自己責任でお願いします。

間違ってるとこ訂正してくれたらありがてえ。

ツイッタやはてブってくれたらうれしい。



用語解説(予備知識)

基本料(基本使用料)→絶対に入らないと行けない料金プラン 
例:プランEシンプル(780円) プランSSシンプル(980円)

オプション代 →オプションで付けるサービス  
例:ダブル定額(パケット代を定額にする) IS.net(キャリアメールをするのに必要) 安心ケータイサポート(安く修理してくれる)

毎月割 →ある条件を満たす契約をすることにより、月々の料金から1500~2500円程度割り引くキャンペーン。

MNP→携帯電話番号ポータビリティー 電話番号そのままで契約を他社に移すサービス。
新規契約や機種変更(端末増設)より、MNPの方が端末代や料金を優遇して貰えるケースがある。
契約してすぐMNPははブラック入りのリスクがあるのと、大概解約金が1マソ程かかります。




買いどきはいつ?

AndroidAUのスマートフォンは時間が経てば端末価格が値下がりします。

発売された新機種は狙わず、安くなった旧機種を狙いましょう。

IS03を例にすると、発売したての頃は63000円程しましたが、現在はMNPだと0円で現金やポイントのキャッシュバックも付くお店もあります。


しかし、現状androidの型落ちはすぐ使い物にならなくなる可能性が高いです、、、、


毎月割の割引額も時間が経てば大きくなります。

月々の料金から値引いてくれる額も時間が経てば大きくなります。

例えば、IS03という端末は最初の毎月割割引額は 1500円/月 でしたが、現在は 2400円/月 です。

毎月割は24ヶ月間続くので差額の900円×24で、21600円も違うことになります。


つまり、”発売してすぐに買った人は、高額な端末代+21600円も後から買った人に比べて多く支払っているのです。



買いどきはいつ?学生版

学生なら、3~5月の学割キャンペーンがある時期を狙いましょう。

ただ学割は既に契約している人も申し込める可能性もあります。



買い方はどう?

端末は一括で支払いましょう。そしてクレジット払いの方が優遇されることもあるのかな?

機種変はとにかく端末代が高く、料金も優遇されないので微妙です。
電話番号そのままで安くケータイを買いたい人はめんどくさいですが”2年ごとにMNPで他社に移すのが一番得策です。
(電話はガラケーでネットはポケットWi-Fi+中古スマフォとかそういう手もありますが。)

MNP>新規>機種変 の順番に端末代は安い。

機種変は毎月割でも冷遇されてます。



料金プランはどう?


基本料

基本料は誰でも割適用だと月780円のプランEシンプルと月980円で無料通話分1000円が付くプランSSシンプルがあります。

プランEシンプルのメリットはSSに比べ200円安いこと。プランSSシンプルのメリットは無料通話分が1000円がつくことです。

無料通話分は電話代、SMS(Cメール)代に充てることができるので、”電話代、SMS代が月200円を超えるならプランSSシンプルにしましょう


オプション代

普通に外でネットとかするなら、パケット定額にしてもすぐ天井に行くので料金が最初から天井の代わりに上限が安いISフラット(5460円)に入りましょう。

そして、キャリアメール(~~@Ezweb.ne.jp)やお外でインターネッツをする場合「is.net(315円)」に入ります。


その他掛かる費用として

ユニバーサルサービス料(7円/月)があります。


ここまでで掛かる料金

プランEシンプル(780円)+IS.net(315円)+ISフラット(5460円)+ユニバーサルサービス料(7円)=6562円 +電話・SMS代

又は

プランSSシンプル(980円)+IS.net(315円)+ISフラット(5460円)+ユニバーサルサービス料(7円)=6762円 +電話・SMS代



そして割引サービスを駆使して、月々の料金を割り引く方法があります。


まず毎月割

毎月割の適用条件は↓に書いていますが、まぁ普通に買ってISフラットに加入していれば確実に受けられます。

Android AUを最低料金で使おうとするとどうなるか。分かりにくい解説講座2011/7月版 ガジェット速報


注意事項は、端末を契約したあと、その端末の毎月割割引額が変更されても、既に契約した自分の端末の毎月割割引額は変更されないということ。
毎月割は24ヶ月しか割り引かれない。つまり2年以降は契約しなおしたほうがいい可能性が高い(現状)




毎月割の割引額は端末によっても違うし、時期のよっても違います。

割引額の変動基準はよくわかりません。割引額が大きくなってもその分端末相場が上がってたりするので一概に割引額が大きいほうがいいとは限りません。

現状の毎月割の最大割引額はIS04FVとHTC EVOの 2630円です

7月28日にIS04FVの毎月割割引額が改訂され 最高額は 新規・MNP契約2,845円 (税込) /月になりました。


Webで請求を申込む。

Webで請求(紙請求廃止)を申込むと、一回線あたり、21円の割引となります。

紙請求書は+52円かかるので、差額73円の節約、2年間で1752円の節約になります(ちっさ)。



総額で月々いくらかかるのか

(毎月割が最大のIS04FVの場合(20102011年7月現在))

プランEシンプル(780円)+IS.net(315円)+ISフラット(5460円)-毎月割(2845円)-webで請求(21円)+ユニバーサルサービス料(7円)=3696円

又は

プランSSシンプル(980円)+IS.net(315円)+ISフラット(5460円)-毎月割(2845円)-webで請求(21円)+ユニバーサルサービス料(7円)=3896円

です。


誰でも割で2年単位の契約なので24ヶ月目以外に解約する場合、解約金9800円がかかります。


-----------小ネタ-------------

安心ケータイサポートに入るべきか?

安心ケータイサポートは月315円 年間3780円を払うことで、さまざまな保障をしてくれるサービスです。

保障内容

・5年保障(無料保障だと3年)
保証対象内の故障による修理代を5年間全額負担。

※但し、水濡れ反応があった場合は、それが直接の故障原因でなくても、5000円のリニューアルサービスになる。

・水濡れ全損の場合、5000円でリニュアール。(無料保障だと一万円かかる)

・紛失時にいろいろサポートがある。

・一年以上同じ端末を継続利用で電池が貰える。 3年以上利用でもう一個貰える。

・1年間無事故の場合、1000ポイント貰える。


5年保障はまず無駄だと思います。スマフォを5年使うことないし、
無料サポートで3年間は修理代無料なので。

その他のケースは人によりますね、、、、壊さないだろうという人は加入せず、もし壊しても1万円払えばいい話ですし、、、


個人的には、最初の1年だけ加入することをおすすめします。

電池パック(2000円程度)が貰えるのと、無事故の場合1000ポイントもらえるので、実質の支払は1000円程度。

保険としては安いので。それ以降は旨みがないので解約するほうがいいと思います。(人によるけど。)

-----------------------------------------



↓共有お願いします><
関連記事

| スマートフォン | 18:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://gadgetsokuhou.blog129.fc2.com/tb.php/24-4c024801

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

ブログパーツ アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。