FC2ブログ

ガジェット速報

ガジェット系ITブログ目指してます。


PREV | PAGE-SELECT | NEXT

Twitterでつぶやくはてなブックマークに追加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

Twitterでつぶやくはてなブックマークに追加

Android AUを最低料金で使おうとするとどうなるか。分かりにくい解説講座2011/7月版

title4.png


毎月割割引額が改訂されたので更新。前々回の記事の焼き直しですが。

AndroidAUつまり、auのスマートフォンは月々いくらで持てるのでしょうか?

この記事はニッチな需要を満たす記事で、「普通に使う場合の維持費」ではなく、「外で使わない等、縛りを持って使うと最低だといくらで維持できるのか」という記事です。ご了承ください。


新しく発売されるAndroidAU達も「毎月割」対象です。もちろん機種によって「毎月割」の割引額は違いますし、まだ発売したばかりなので割引額は少ないのですが。

早く欲しい人、金持ち→こんなサイト見てないでさっさと買え。

遅くてもいいから安く欲しい人。乞食→料金を知り尽くして安く買いましょう。毎月割が増額されるまで待ちましょう。

追記:7月28日に毎月割割引額が改訂されたので更新しました。

追記:8月13日に毎月割が改訂されたので更新しました。




最新記事→AUスマートフォンを最低料金で使うと維持費はどうなるか。11月中旬版 ガジェット速報





テンプレ:

以下の情報にはミスが含まれている可能性があります

いかなる損害も自己責任でお願いします。

間違ってるとこ訂正してくれたらありがてえ。

ツイッタやはてブってくれたらうれしい。





基本的には2chのテンプレレベルの低レベルな記事なのであしからず。


※この記事は3G通信を一切行わないでWi-Fiだけで使う場合いわゆる「wi-fi運用」で最低いくらで使えるかを紹介する記事です。
例外はありますが3G通信をONにするといとも簡単にパケット上限までいくので、基本的には3G通信をoffにする使い方が想定されてると思います。
あと機種がSIM抜いたり、通信しないようにしてwi-fiだけで使えるのかどうかは個別に調べてください。


まずネタバレ。7円運用はまだできません。


Android auを持つに当たってかかるお金。


略図 

最初に掛かるお金:端末代+事務手数料(2835円)

毎月掛かるお金:基本料+オプション代-毎月割






最初に掛かるお金

1:端末代

端末代がまずかかります。シンプル一括でできるだけ安い店やキャッシュバックの額の大きい店を探しましょう。

他社から電話番号そのままで乗り換えるMNPだと機種代がより安くなることが多いです。その場合は他社を解約するときにかかる解約料がかからないか、いくらかかるか等を確認してください。

MNP>新規>機種変

の順番に端末代は安くなる傾向にあります。

MNPするための回線を用意した場合の方が安いということがあります。

MNPする為に作る回線をMNP弾と言って、ソフトバンクのプリペイドから作る方法や、ドコモの2in1という電話番号を増やすサービスを使うことで弾を作ることができます。
ここでは詳しくは語りません。あと、ソフトバンクのプリペイドからのMNPは断られることもあります。


2:事務手数料

新規契約、MNPのどちらにせよ事務手数料2835円がかかります。翌月の料金請求に上乗せされて請求されます。






毎月掛かるお金

1:基本料+オプション代 /月

基本料とオプション代が毎月かかります。

主な基本料金プランは「プランSSシンプル(980円)」と「プランEシンプル(780円)」があります。

毎月割という割引を受け、最低料金で使う場合はプランSSシンプル(980円)に入ります。

なぜかというと、プランEシンプルで毎月割を受けようとすると、とても高くなるからです(後述)


そのほか、オプションとして入ることが多いのは、「is net(315円)」です。メールをする際などに使います。

最低料金で使う場合、3Gでメールやウェブをすることは無いと考えていますので、is.netは加入してすぐ解約します。
(wi-fiでメール(Gmail)やインターネットをしましょう)

そして後述する「毎月割」を受けるためにパケット定額サービスにも入ります。


以上がかかるお金。






そして現在キャンペーンを利用して月々の料金を安くすることができます。

現在、ISシリーズを買うと、「毎月割」という、月々の料金から24カ月間一定額を割り引くサービスがあります。

毎月割は(安心ケータイサポートを除く)すべての料金から一定額を割り引いてくれます。


毎月割の割引額は機種、契約形態によって違い、また時期によって増額されることがあります(減額されたことは一応まだ無い)。

毎月割割引額一覧 2011/7月現在(この情報は最新で無い可能性があります。kddi公式サイトでの確認もしておいてください。)

毎月割割引金額



機種 新規契約 機種変契約
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓新機種↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
G'zOne IS11CA     新規契約 1,400円 /月 機種変契約 1,400円 /月
XPERIA acro IS11S 新規契約 1,800円 /月 機種変契約 1,550円 /月
INFOBAR A01     新規契約 1,700円 /月 機種変契約 1,450円 /月
AQUOS PHONE IS12SH 新規契約 1,700円 /月 機種変契約 1,700円 /月
AQUOS PHONE IS11SH 新規契約 1,800円 /月 機種変契約 1,550円 /月

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓旧機種↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
IS03         新規契約 2,410円 /月 機種変契約 2,220円 /月
IS06         新規契約 2,410円 /月 機種変契約 2,200円 /月
IS04         新規契約 2,250円 /月 機種変契約 1,900円 /月
IS04FV         新規契約 2,630円 /月 機種変契約 2,350円 /月7月28日に改訂
IS04FV         新規契約 2,845円 /月 機種変契約 2,円 /月
IS05         新規契約 2,250円 /月 機種変契約 2,000円 /月
htc EVO WiMAX     新規契約 2,630円 /月 機種変契約 2,200円 /月8月13日に改訂
htc EVO WiMAX     新規契約 2,845円 /月 機種変契約 2,845円 /月


(IS04FVはfix ver 又は froyo ver。android2.2をプリインストール。ハードの改善が行われたかは不明)


割引対象となるもの

・基本使用料(基本料)、オプション代(安心ケータイサポートを除く)、国内通話料、国内通信量。

割引条件として、

シンプルコースで契約。

・オプションサービスの「ISフラット(5460円)」もしくは「ダブル定額(2100円~)」もしくは「プランF (IS) シンプル(プランEシンプル+ISフラット)(6,240円/月)」に加入。

をしなければいけません。

IS.netの契約は必須ではありません。




最低料金で使う場合は、一番安いダブル定額(2100円~)に入ります。

プランEシンプルには既にパケット定額サービスが含まれているのでダブル定額を付けることができません。
プランEシンプルで毎月割を受けるには、ISフラットを付けるしか無く、そうすると強制的にプランF(6240円)になってしまいます。

よって、プランSSシンプル(980円)+ダブル定額(2100円)の組み合わせが一番安いことになります。



それでは現状の最低料金で使う場合、いくらになるかを示します。


①基本料(プランSSシンプル)+②オプション代(ダブル定額)-③毎月割割引額 



①980円+②2100円+-毎月割



よって 毎月割を利用した最低料金では「3080円-毎月割割引額」でスマートフォンを持つことができるということです。

毎月割の額の一番大きい、HTC EVOやIS04FVの場合、毎月割の額が2630円なので

毎月割最大のIS04FVとHTCEVOの場合2845円なので

3080円-2845円=235円となります。

そしていい忘れていましたが、月7円のユニバーサルサービス料というものすべての携帯電話にかかります。

あと、webで請求というサービスを使うと1回線あたり21円の割引となります。

つまり、最低では221円で持つことができます。(計算が間違ってなければ)



2年間の維持費は 221X24円=5304円となります。

※24ヶ月間の縛りがあり、24ヶ月目以外の月に解約する場合は解約料9800円がかかります。24ヶ月ちょっきしだと解約料はかかりません。


あと、プランSSシンプルには月1000円分の無料通話分があり、自分や家族のauケータイと家族割りをくむと無料通話分を分け合うことが出来ます。

もしくはそのsimをお手持ちのauガラケーに挿せば、通話専用機として使えます。


注意:毎月割の割引額が2300円以下の端末は、毎月割を受けないほうが月々の料金が安くなります。

その場合のプランは

プランEシンプル(780円) のみです。



まとめ。

毎月割という割引を受けるにはパケット定額サービスに入る必要がある。

一番安いパケット定額サービスはダブル定額(2100円)だ。(ダブル定額スーパーライト(390円)は毎月割対象外)

ダブル定額をつけることのできる基本料プランはプランSSシンプル(980円)しかない。

つまり、毎月割を受けつつ、一番安い料金プランはプランSSシンプル+ダブル定額=3080円だ。

そして毎月割割引額の最大は2845円なので最低維持費は235円。

それにユニバーサルサービス料が毎月7円かかる。

毎月割は24ヶ月間割り引かれる。つまり25ヶ月目以降は毎月最低でも780円はかかる(ダブル定額を外し、プランEシンプルに変更した場合。)

誰でも割により2年単位の契約なので、24ヶ月目に解約すべし。(24ヶ月目以外の解約は解約料9800円がかかる。



↓共有お願いします><
関連記事

| スマートフォン | 14:57 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

auショップで毎月割について書いてある事を見たけど
今一つ理解し辛かったですが、この記事見て理解できました
とても分かりやすい記事どうもありがとうございました
これで心置きなくスマフォ購入できます

| 初スマフォ予定 | 2011/07/28 07:06 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://gadgetsokuhou.blog129.fc2.com/tb.php/22-b9dd2037

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

ブログパーツ アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。