FC2ブログ

ガジェット速報

ガジェット系ITブログ目指してます。


PREV | PAGE-SELECT | NEXT

Twitterでつぶやくはてなブックマークに追加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

Twitterでつぶやくはてなブックマークに追加

auのケータイ(ガラケー)が月7円で持てるぞ!※但し難有り。





前回スマートフォンがいくらで持てるのかを書いたので今回はauのフツーのケータイの話。
いわゆる「ガラケー」が月々いくらで維持できるのか。


まず結論を言うと、指定機種は月々7円で持てます。

し か し、そのかわり端末代が高いです。

つ ま り、もしその指定端末が安く買えたら、フツーにケータイ買うよりぜんぜん得します。


この記事は古いです。

最新版はこちら

auケータイ(ガラケー)が7円で一応持てるぞ!9月版 ガジェット速報



それでは料金のカラクリについて書いていきます。

-------------------------------------------------------------------
かかるお金。

初回:端末代、契約事務手数料(3000円程度)

毎月:基本料+オプション代-毎月割 と、ユニバーサルサービス料7円

・解約時:24ヶ月目周期以外の時に解約する場合は解約金9800円が掛かる。(誰でも割 | 割引サービス | au by KDDI

-------------------------------------------------------------------


auのガラケーで現在7円運用ができるのは、「毎月割」というキャンペーンの対象となっている機種です。
毎月割は「月々の料金から一定額を”24ヶ月”間割り引くサービス」です。
毎月割 | 割引サービス | au by KDDI


現在毎月割対象となっている機種と割引額
-------------------------------------------------------------------
        新規・MNP契約      機種変契約   
CA007     1,500円 (税込) /月 1,500円 (税込) /月
SH010     1,500円 (税込) /月 1,500円 (税込) /月
GzOneTYPE-X 1,500円 (税込) /月 1,500円 (税込) /月
CA006     1,500円 (税込) /月 1,500円 (税込) /月
S006     1,500円 (税込) /月 1,500円 (税込) /月
T006     1,500円 (税込) /月 1,500円 (税込) /月
G11     1,500円 (税込) /月 1,500円 (税込) /月
-------------------------------------------------------------------

契約方法、端末がいずれの場合にも一律で"毎月1500円"が引かれるようです。
※割引額は変動することもありえます。



毎月割はauのスマートフォンでもありますが、適用条件となるプランが若干違います。



■毎月割適用条件。

シンプルコースで契約

パケット定額サービスダブル定額スーパーライト、ダブル定額ライト、ダブル定額、パケット割WINミドル、パケット割WINスーパー、ISフラット、プランF (IS) シンプル、プランEシンプル)
のいずれかに加入すること。


■毎月割の割引対象となるもの。

・基本料・オプション代(安心ケータイサポートを除く)、国内通話料・国内通信料

■毎月割の割引対象とならないもの。

・ユニバーサルサービス料(7円)、安心ケータイサポート(315円)



つまり 基本料とオプション代が月々1500円以内なら、ユニバーサルサービス代の7円のみしかかからないことになります。



次に基本料とオプション代の説明。

基本料には主に2種類のプランがあります。

ひとつはプランEシンプル。もう一つがプランSSシンプルです。



それぞれの特徴

・プランEシンプル:月額780円、メールし放題になる。毎月割適用条件となるパケット定額サービスが含まれる。

・プランSSシンプル:月額980円、電話代やパケット代(定額まで使うと割引対象外)に使う事ができる無料通話分1000円分が含まれる毎月割を受けるには別でパケット定額サービスへの加入が必要


次にオプションの説明。

メールやEzwebをするためにはEzwin(315円)への加入が必要です。

そしてプランSSの場合、毎月割を受けるためにパケット定額サービスのダブル定額スーパーライト(390円)(一番安い)へ加入する必要があります

ダブル定額スーパーライト | 割引サービス | au by KDDI

--------------------------------------------------------------------------

7円運用の契約の略図。

■プランEシンプルパターン
プランEシンプル(780円)+Ezwin(315円)-毎月割(1500円)→0円+ユニバーサルサービス料7円

■プランSSシンプルパターン ※難有り
プランSSシンプル(980円)+ダブル定額スーパーライト(390円)-毎月割(1500円)→0円+ユニバーサルサービス料7円

※Ezwinを付けると毎月割割引内に収まらいのでつけていません。よってメール、Ezwebができません。
※店舗によってはEzwinを解約するとダブル定額スーパーライトも解約され、毎月割を受けられなくなるという旨のことをいわれることがあるそうです。


プランSSシンプルパターンの7円運用も多分できると思うのですが、あくまでも自己責任で、できなくても責任は負えないのでここでは断言を避けておきます。


ちなみに、プランSSシンプルでEzwinを付ける場合は差し引き月々185円がかかります。


プランEシンプルじゃなくてプランSSシンプルにするメリット。
回線を塩漬け(使わない)にし、無料通話分1000円を「家族割り」で本回線で使うようにする場合。



以上がケータイを月7円で持つ契約方法です。

ごくごく普通の契約ですね。

ただ、残念ながら毎月割対象機種は端末代が高いので、現状ではあまりお得にならないかもしれません。

機種変よりは新規契約が、新規契約よりはMNP(他者から番号そのままで乗り換え)が安くなる傾向にあります。






↓共有お願いします><
関連記事

| ケータイ | 22:16 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://gadgetsokuhou.blog129.fc2.com/tb.php/21-42772bc9

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

ブログパーツ アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。